ブログトップ

『ロダンのココロ』マンガ家・内田かずひろのブログ

rodakoko.exblog.jp

『ロダンのココロ』のこころ

【『ロダンのココロ』のこころ】
「動物をキャラクターにした哲学マンガを描きませんか?」という依頼が朝日新聞に連載した『ロダンのココロ』の始まりだった。

そう声をかけてくださった朝日新聞のSさんが、ご病気のため先月亡くなられた。まだ59才だった。
マンガにたいへん詳しく、マンガ評論の本も出版しておられ「手塚治虫文化賞」の運営にも深くかかわっておられた。

今日、竹書房のTさんとマンガ家のIさんと、ご自宅に伺いお別れのご挨拶をしてきた。

Iさんは雲の上の方の様な存在で、Sさんに紹介して頂き一度ご挨拶をしたことがあるだけだったが覚えていてくださった。
実はSさんが最初連載を依頼したのはIさんだった。だけどその頃Iさんは、作品がアニメ化される時期と重なって忙しく受けることが出来ず、竹書房のTさんが担当してくださっていた『シロと歩けば』を見て僕に依頼してくださったのだ。

竹書房のTさんは、Iさんと僕の共通の担当編集者だった。

不思議な縁を感じるご焼香だった。

単行本も出ていなかった僕に朝日新聞での連載を依頼してくださったSさんには感謝の気持ちしかない…。

【『ロダンのココロ』のこころ】
「動物をキャラクターにした哲学マンガを描きませんか?」という依頼が朝日新聞に連載した『ロダンのココロ』の始まりだった。

そう声をかけてくださった朝日新聞のSさんが、ご病気のため先月亡くなられた。まだ59才だった。
マンガにたいへん詳しく、マンガ評論の本も出版しておられ「手塚治虫文化賞」の運営にも深くかかわっておられた。

今日、竹書房のTさんとマンガ家のIさんと、ご自宅に伺いお別れのご挨拶をしてきた。

Iさんは雲の上の方の様な存在で、Sさんに紹介して頂き一度ご挨拶をしたことがあるだけだったが覚えていてくださった。実はSさんが最初連載を依頼したのはIさんだった。だけどその頃Iさんは、作品がアニメ化される時期と重なって忙しく受けることが出来ず、竹書房のTさんが担当してくださっていた『シロと歩けば』を見て僕に依頼してくださったのだ。

竹書房のTさんは、Iさんと僕の共通の担当編集者だった。

不思議な縁を感じるご焼香だった。

単行本も出ていなかった僕に朝日新聞での連載を依頼してくださったSさんには感謝の気持ちしかない…。

まだ49日前だったから、その場にいらっしゃったのかも知れない…。
今にも「お待たせしました」と現れて、いつもの笑顔を見せてくれる様な気がしてならなかった。

『ロダンのココロ いろはのきもちクリニック』
d0082759_1959127.jpg

[PR]
by rodakoko | 2016-12-15 23:00 | ▶ロダンのココロ
<< 文化出版局の絵本『こどもの こ... 真夜中のおすすめ本 >>